庭に植木が植えてある賃貸一戸建ての管理

庭に植木が植えてあったり、生垣が整備してあると、自然が豊かに感じせられて心地の良い住まいになります。
住宅街の民家が賃貸経営で有効活用される場合は、所有者が暮らしていた一戸建てが、そのまま賃貸物件として提供されています。
暮らしていたままの面影が、庭の植木や生垣には残されているのが特徴です。
不動産としての定義は、賃貸借契約書を参考にすると理解しやすいです。
所有者によっては、庭木や庭石に関して、なにも主張してきません。
売買契約と異なり、賃貸借契約のときは庭木や庭石は所有者に帰属しつつも、貸借人である入居者が管理するというスタイルが多いです。
例外的な場合は、賃貸借契約を締結するときの重要事項説明書に記載されます。
重要事項説明書に記載された内容は、必ず文言だけでなく発声されて説明されます。
貸借人である入居者が庭木や生垣を管理するのは、素人のままで大丈夫です。
いきなり伐採してしまうのは問題ですが、伸びた枝を切り、伸びた幹を切り詰める程度であれば問題ありません。
求められるのは、雑草を放置しないのと同じく、伸び放題で茂らせないことです。

実用性も備えた新築を。

食事サービスも充実しているアパートはこちら

専用のお部屋があってご友人が来ても大丈夫

鶴見区で収益目的の中古マンション
安定した利益が出るプランをご案内

リノベーションができる中古マンションを武蔵小杉
でご紹介しています

最新記事