賃貸一戸建てに入居中は雑草の管理を

賃貸一戸建てに入居していると、雑草の管理が大変になる場合が在ります。
庭付きの一戸建てや、ガレージ付きの一戸建ては、土の面積が少なくても、コンクリリートひび割れ箇所やブロックとブッロクの隙間から、雑草が繁殖してしまう場合があります。
少しの隙間と、わずかな土があるだけで、雑草は繁殖します。
枯葉が積もれば、自然に腐葉土になるので、土を補充していない場合でも油断できません。
賃貸一戸建ての管理は賃貸借人の責任で、衛生的に管理する必要があります。
例外的に、集合住宅のマンションのように、管理費を家賃とは別に支払っている賃貸一戸建ての場合は、清掃業者が雑草の管理も行ないます。
賃貸一戸建ての雑草管理は、不動産仲介会社が清掃着容赦を定期的に派遣してくるか否かで簡単に判断できます。
環境に悪影響を与えない範囲であれば、除草剤を撒いても大丈夫です。
ホームセンターなどでは、大容量の除草剤が、お手頃価格で販売されています。